2009年06月30日

最近気づいたこと

最近ようやく気づいたことがある。
気づいたというか、体得したというか。
たぶんオイリュトミーをして得たのではないかと思う。

それは「自分のなかから出る感覚」
分かりやすく言えば「気持ちを込めて文章を読む」ってこと。
今までは頭では分かっていても「気持ちを込める」っていうことができていなかった。
自分では気持を込めているつもりでも、全く表現されていなかった。

おはなしを語る時だけは、自分のなかから出てくる感覚はすでにあったけど。

ニュース原稿を読むとき「うまいけど伝わらない」と言われたことがある。「所詮、他人事よね」って。
自分でも録音したものを聞き返して、「いまいち伝わらないのはなぜなんだろう」と当時考えていた。

出産のため仕事を辞め、ナレーターを目指してスクール通いしていた時
「もっと、こういう気持ちを込めて。。。」とよく注意されていた。

気持ちを込めてナレーションをする。。。
頭では分かったいるつもりでも、言葉として発したとき、そういう気持ちが全く表現できていない。。。
何でだろう?と考えてもちっとも分からなかった。

そうか、今までは原稿とにらめっこしてただけなんだ。
いくら気持を込めても所詮、原稿上だけ。
自分自身が感じて、その湧き出る思いが、自分の中から、のどを通り、
言葉として発せられるとき、本当に誰かに伝わる表現になるんだなと気づいた。
そういう感覚が、自分の中から出てくる感覚が、最近分かった気がした。
オイリュトミーがそういう感覚を養ってくれたのかも、と思う。

posted by ゆり at 02:01| シュタイナー関連 (2009.3~2011.2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の絵本&おはなし

今日娘と楽しんだ絵本&おはなし

*『フォックスおくさまのむこえらび』

*おはなし「まちのねずみといなかのねずみ」
posted by ゆり at 00:00| 今日の絵本&おはなし (〜2009.8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

今日の絵本&おはなし

今日娘と楽しんだ絵本とおはなし

*『ちいさなかがくのとも おちばシャックシャック』 (高柳芳恵/文 ながさわまさこ/絵 福音館書店)

*「おばけのソッチ ぞびぞびぞー」 『角野栄子のちいさなどうわたち1』(佐々木洋子/絵 ポプラ社)より

*その他

*おはなし「黄金の瓜」 (参考『日本昔話百選』稲田浩二・稲田和子 三省堂)

posted by ゆり at 23:12| 今日の絵本&おはなし (〜2009.8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

今日の絵本&おはなし

今日娘と楽しんだ絵本とおはなし

*『ちいさなかがくのとも わゴム』 (大槻あかね 福音館書店)

*『かがくのとも こうちゃん こがつく』 (長谷川摂子/作 古川タク/絵 福音館書店)

*『こどものとも くまさん くまさん おはいんなさい』 (小野かおる 福音館書店)

*おはなし 参考『ありがたいこってす』 (マーゴット・ツェマック/作 わたなべしげお/訳 童話館)
posted by ゆり at 00:00| 今日の絵本&おはなし (〜2009.8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

今日のおはなし

今日娘と楽しんだおはなし

*「狼女房」 (参考『日本昔話百選』稲田浩二・稲田和子 三省堂)
posted by ゆり at 00:00| 今日の絵本&おはなし (〜2009.8) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。