2011年05月31日

今日のおはなし

娘に語った昔話

*「ごんざ虫」
  『筑紫ん国のおもしろか話』 (星の環会) より

「たからげた」の題名で娘は覚えてました。
「どうして同じおはなしなのに(題名が)違うの?」
「それはね〜」
と私なりに説明したけど、分かったかな?
posted by ゆり at 00:00| 今日のおはなし (2009.9〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

やりくり

「やりたいな〜」と思っていることが、いろいろご縁があってできるのはとても幸せなこと。

なのですが、同時進行で進めていかないといけないことが多く、
気持ちの切り替えとか頭の切り替えとか、これがうまくできない。

出産前に仕事をしている時は、忙しかったけれど、
1〜2週間の長いスパンで1つの仕事、終わったら次の仕事、
とたいていひとつひとつやってた。

福岡でちょこちょこやっていた時は
同時進行でやっていかなくてはならないことはほとんどなかった、というか、
趣味でやっているようなことも多く、別分野のものなので切り替えも容易だし
追い詰められてやることもなかったし。

今は嬉しいことに「語る・読む」にまつわるものが多く
一度仕上げたら終わりという作業もあるけれど、「語る・読む」については発表日までは気が抜けない。
「こっちを練習しつつ、あっちも」「これを仕上げたかったのに、あれを先にやらなくちゃならなくなった」
細かいものを同時に抱えて仕事をした経験がないので、うまくこなせない。

夫に尋ねたら
「そりゃ、とりあえずひとつひとつあげていくしかないでしょ」って。
そうだね。
気ばかり焦っていてもだめだよね〜。

posted by ゆり at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のおはなし

娘に語った昔話

*「とんち姑」
*「烏と田にし」
  『日本の民話17 周防・長門』 (未来社) より
  
posted by ゆり at 22:52| 今日のおはなし (2009.9〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

今日のおはなし

娘に語った昔話

*「木竜うるし」
  『わらしべ長者 日本民話選』 (岩波少年文庫) より
posted by ゆり at 21:54| 今日のおはなし (2009.9〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物語療法

雨で娘の運動会は延期。
夫が行きたいと言った近所の古本屋さんで見つけました。

*『診察室にきた赤ずきん 物語療法の世界』 (大平健/新潮社)

精神科医の筆者が昔話をカウンセリングに取り入れ、
症例と昔話を照らし合わせて診察した内容が書かれています。

昔話が心のケアに有効で、こういった使われ方もあることは知っていましたし興味はありました。
震災後から本格的に興味を持つようになりました。
でも本がもう普及してなくて、Amazonで買うしかないかな、と思っていたのでした。

私が探している本はたいていもう絶版になっているものが多く、
機会があれば買いたいと手帳に記しているのですが
現物を見ずにAmazonでいきなり購入する勇気もないまま、
そのままに買わずにきているものが多くあります。

でも、こんなふうに古本屋さんで見つけられるなんて!
しかも¥100!!
この喜びを分かってくれる人はいるでしょうか?

昔話をただ語り、聞いてもらうだけでなく
「心のケア」として取り入れられたら
いつか私もそんなこともできたら...
と夢だけが広がって行きます。
posted by ゆり at 11:55| Comment(0) | おはなし会&昔話&語り&朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。