2011年09月30日

古本屋へ

取り置きしておいてもらった分を引き取りに行く。

*『朝鮮民話集』 (教養文庫)
*『ハンガリー民話集』 (岩波文庫)
*『インド神話』 (ちくま学芸文庫)
*『インドの民話』 (青土社)
*『ベトナム民話』 (三省堂新書)
*『グリムの昔話と文学』 (ちくま学芸文庫)
*『アラブの民話』 (青土社)
*『マヤ・インカ神話伝説集』 (教養文庫)
*『出雲神話』 (講談社現代新書)
*『古事記・万葉集 日本文学全集T』 (河出書房)

 
posted by ゆり at 00:00| Comment(0) | おはなし会&昔話&語り&朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

重い木曜日

今日は重い日でした。
ハードとはちょっと違う感じ。

毎週木曜日の午前中は人形劇のサークルで次回公演に向けての練習。

午後は初めての落語の講座。
会場に向かう途中に通りかかりました。

新宿
                               (東京都西新宿)

久しぶりだなー
ここに来たのはいつ以来かなー?
大学卒業後に来た記憶はあるけど...

なんて思い出に浸りつつ、会場へ。

いろいろ説明を聞き、実際に聞いたり、少しやってみたり。
落語はおもしろいなー。
できるのかなあ...?

途中で昼ご飯を押しこんだくらいでほぼ休憩ないのがきつかったけど、
仕方ないかな。
好きなことらやらせてもらってるんだし。

とはいえ、人形劇も落語も集中力が要求されるし、大切にやって行こうと思うと
1日に2つは重いな。
慣れたらどうってこともなくなるんだろうか。
来週からは落語では着物を着るので、着付けも練習しなきゃ。


娘は、東京に来て初めて、ファミリーサポートセンターを通じて預かってもらいました。
たまたま同じ小学校の同級生のお母さんが協力会員さんだったので安心。

娘を迎えに行ったら、
「先日の図書ボランティアの実習で語った
「だんごどっこいしょ」がおもしろかったから娘にも語って」との要望をいただき
娘たちが遊んでた大学のキャンパスで

*「だんごどっこいしょ」

を語らせてもらいました。
聞き手は、娘の同級生とお母さんとお父さんと娘。
敷物を敷いて即席で語りの場を作ってくれました。

いきなりのリクエストにも応えられるようにしておきたいものだと改めて思いました。



いろいろと始まりそうな感じもあるのですが、
果たしてついていけるのかかなり不安だったりします。

とりあえず風邪を治すことにしよう。



************************


娘に語った昔話


*「すがたを盗まれた話」
*「物語のふくろ」
  『ネギをうえた人 朝鮮民話』 (岩波少年文庫)

posted by ゆり at 00:00| Comment(2) | おはなし会&昔話&語り&朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

ここにもあった

本を検索してたら、偕成社からも日本の昔話、世界の昔話が出てるのを発見!

でもオンデマンド版だって。
注文を受けてから1冊ずつ作るそう。

う〜んちょっと高いな。
posted by ゆり at 23:43| Comment(0) | おはなし会&昔話&語り&朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝のミニおはなし会 (4年生)

X小(娘の小学校)にて朝のミニおはなし会(読み聞かせ) 4年生

何をするか今回すごく悩んだのですが(4年生って初めてなので)
結局

* 昔話 「糠福米福」 (日本)

を語りました。

先週から引いた風邪が完治せず、この話に挑戦したのは正直なところ、無謀だったと思います。
ごめんなさい m(_ _)m
疲れと落ち込みでどよーんとして帰ってきました...

でもっ!


...糠福は前のおっかさんの娘で、米福は今のおっかさんの娘でした。
ですからおっかさんは米福ばかりかわいがって、糠福にはたいそう辛く当っていました。
ある日、おっかさんはふたりを呼んで栗拾いに行くように言いました。
 かごがいっぱいになるまで帰ってくるんじゃないぞ
そう言っておっかさんは糠福には底の抜けた古い籠を、米福には新しいかごを背負わせました。


というところで、みんな一斉に「え〜(ひどーい)」という顔をしたのが
とてもおもしろかったですexclamation

ちなみに上記は私が再話してます(著作権は関係ないってことで)


あと、初めて行くクラスで
「絵本は?」と聞かれるのもおもしろいです。
語る時は手ぶらですから。

時間があれば「昔話の語り」と「絵本読み」と両方したいのですが、
10分という時間の中ではなかなか難しいものもあり、
「両方できないな」というときは「語り」を優先するようにしています。
絵本を読んでくれる人より昔話を語る人の方が少ないと思うから。


今日の反省に戻ると、
どの子も先生もほんとよく聞いてくれました。
最初はふざけていた子たちも。
もっともっとうまく語れたらよかったのにって思います。
風邪もひいてなきゃよかったのにって思います。
うだうだ反省しても仕方ないので、反省は次回に活かせますように。

posted by ゆり at 23:20| Comment(0) | おはなし会&昔話&語り&朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のおはなし

娘に語った昔話


9/28

*「りこうなグレーテル」
  『グリムの昔話3』 (福音館書店)

*「おいてけ堀」 (日本)



9/27

*「貧乏人と金持ち」 (グリム)

*「チベット王の使い」
  『けものたちのないしょ話 中国民話選』 (岩波少年文庫)
posted by ゆり at 21:59| Comment(0) | 今日のおはなし (2009.9〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。