2015年01月07日

市民病院へ

12月中、娘がきちんと登校したのは2日だけ。
残りは遅刻かお休みでした。

朝寝起きの気持ち悪さもあるんでしょうが
「学校行かなくてもいいんじゃないの〜」
という気持ちも加わったようです。
体調の悪さは仕方ないにしろ、こういう気持ちが出てくると
親としてどう対応するのがいいのか難しいところです。

そもそも「学校に行く」というのは当たり前だと思っていましたが
「学校、行かなくてもいいんじゃない?」と娘に言われ
「これから社会に出て生きていくうえで必要なことを学びに行くんだよ」
等と言ったみたところで、理解しているんだかどうか・・・?

12月は冬休みに入る前の1週間は
2時間目登校で安定していました。

かかりつけの小児科で
「心配なら大きい病院を紹介しますよ」
と言っていただいていたので
冬休みが明ける前に行ってきました。

結論から言えば
「起立性調節障害」と診断されました。
ずっと疑っていましたが「やっぱり」という感じです。

これは病気ではなく、そういう症状?だそうです。
自律神経が思春期に乱れやすく
成長に伴う体の変化の一つで
季節、発表会などの行事、新進の緊張、受験、ストレス等も
関係あるそうです。

血圧と脈拍を計るテストで
「脈拍」の結果で見えるようです。
こんな簡単なテストで分かるなら
2年前に行った病院でもやってもらいたかったー。
(起立性調節障害は年齢的に早すぎると言われました)

「脈拍を意識して変えることはできませんが
どうしても辛ければ薬を使うこともできます」
様子見でもいいと言われたので、
ひとまずは薬は使わずに、様子見することにしました。

生活についても聞かれましたが
朝食(食べる)や晩御飯の時間、布団に入る時間等
生活について改める部分は「ない」とのことでした。

「無理せず(朝は)スロースタートを」とのことでした。

私自身も、朝すぐに起きられません。
無理に起きると、一日ずっと体が寝ているような状態
ということもありました。(今は気を付けているのでないです)
朝は起きる予定の10分前に目覚ましをかけて
10〜15分くらいかけて
ゆっくり体と頭を起こしていきます。
仕事しているときは30分くらいかけて起こしていたような気がします。

「お母さんもそうなら、お分かりでしょう」とのことでした。

朝、上手に起きられるように
娘を訓練?してみようと思います。


それと・・・
「学校に行く気がない」問題。

「モノで釣る」ということは今までせずにきたのですが・・・

「春休みまで(3学期)無遅刻・無早退・無欠席なら3DS買ってあげる」

もう2年以上「DSが欲しい」と言われ続け
「いりません。だめです。サンタさんにお断りしておきます」
と言い続けてきました。

5日付けの中国新聞の夕刊「不登校」がテーマの欄に
「(いじめ等があるわけでないのに)何となく行きたくないで
不登校になることは多い。目標を持たせましょう」とありました。

私も1年の目標は毎年立てているので
「はるちんも立てなさい」と立てさせ
お互い見せ合いました。
でも、これで学校に行く動機付けにはならない・・・
動機付けになるような目標を立てさせる力は
私にはありません。

なので「学校にちゃんと通えたら3DS」ということにしました。
「無理だよ〜」と言っていた娘は今日から学校。
「気持ち悪い」と起きてきましたが
「3DS、3DS」と言いながら学校に行きました・・・
「3DSのために学校に行くんじゃないのよ!」という言葉は
届いているんだか・・・

元気よく帰宅した娘は
「明日はみんなと(学校に)行くんだー」とのことでした。
「風邪ひくなよ」と同じクラスの男の子に言われたようで
お友だちとのやりとりも楽しかったようです。
(いつもは報告してくれないんですが)

さてさてどうなることやら・・・?

3DSは買いたくないけど
楽しく元気に学校に行ってほしい
というのが本音です。


今頃になって、引っ越し&転校の反動なのかな?
と思える発言もあるんですが、これはどうなんでしょう?
1年以上前の転校は
はた目にはすんなり学校に溶け込めたようでしたが
娘なりにがんばってるなと思っていました。
そのがんばりが体調の悪さでぷつりと切れたのかも・・・
と思ったりもします。
posted by ゆり at 23:52| Comment(0) | 娘・夫・家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。