2015年01月19日

旅の終わりに

まもなく2泊3日の旅も終わりを迎えます。
昨日一昨日は本当に濃密な時間を過ごしました。
有意義な旅でした。

夫の実家も温かく迎えてもらって
「もうすぐお誕生だね」ってケーキを用意して
待っていてくれました。

娘(小4)が手を離れてきたというのもありますが
2泊3日何の心配もなく、ひとりで家を出られるのは
やはり夫の理解と協力があってこそ…
と感謝の念に堪えません。

夫に「ありがとうございます」と早々に言ってしまったのに
眼医者が長引いて、帰宅時間が大幅に遅れるはめに…

「Kくん、定時で帰れる!?」と電話で聞いてみると
元々20時には帰る予定だったらしく…
「ごめーん。ごはん買って帰ってー!」

娘には「遅くなってごめんね〜Kくん8時に帰るって。
お風呂済ませてね」と電話。
6時頃帰ると言っていたのですが
「えー」って電話の向こうで娘は泣きそう…
本当にごめん…

そんなやり取りしてたら、私の東京行を知っていて
夕方暗くなるまでうちの子と遊んでたよっていう
ママ友(一緒に朗読会のイベントもした)が
「はるちゃん、大丈夫〜?よかったらうちにおいでよ」
というありがたいメールが…

いろんな人に支えられていてありがたいなあって思います。

私はひとり自由気ままにやっていて
あんまり人の役に立ってなくて申し訳ないなあって思います。

うちに帰ったら娘をぎゅうーって抱き締めようと思います。
義母にアドバイスもらった通りに。

手が離れてきたとは言え、まだ自由にできるわけではないので
娘は気持ちの上で大変だったんじゃないかと思います。

始発で旅立つ私に、前夜手紙を書いてくれました。
日頃は憎まれ口をたたいてばかりいる娘ですが
手紙にはじーんときました。

それと夫に「ありがとう」と言わないと。
夫がカジメンとかイクメンとか思ったことはないけど
そういう言葉は使う必要なく、
向き合うようになってきてくれているのかもしれないと
思えるようになってきました。
(普段の家事はほぼやってくれないけど、
私が不在の時は少しずつやってもらうようにして
自分なりにやってくれるようになりました)

「眼医者のために東京に行く」というのから始まりましたが
いろんなことをすべて包括してとてもいい旅でした。
ありがとうございました。
posted by ゆり at 19:29| Comment(0) | 娘・夫・家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。