2012年10月05日

小学校で講師のお仕事

2012.10.5

世田谷区の小学校で
家庭教育学級(PTA主催)の講師を務めさせていただきました。

テーマは
「ストーリーテリングを通じて、親子の絆を育み、子どもの生きる力を強くする」

50人くらいのお母さんたちが集まってくださいました。
それほど大きな学校ではないのに(各学年2クラス)
こんなに集まってくださって驚きでした。

読み聞かせやストーリーテリングなどボランティア活動をする方たち対象ではなく
普通のお母さんたち対象の講座でした。

絵本の読み聞かせにも少し触れ、
ストーリーテリングとはお話を語って聞かせることですよ、とか
昔話のよさとか語って聞かせることのよさ(読み聞かせのよさ)
では家庭ではどうしたらいいのか
など、昔話の語りを交えて聞いていただきました。

皆さん、とても熱心に聞いてくださいました。

この講座は
たまたまネットで検索して、私のHPを見つけてくださった主催者の方(PTAのお母さん)が企画してくださいました。
依頼をいただかなければ、この講座を開こうとは思いもよりませんでしたし
依頼をいただいたときは雲をつかむような状態で、
打ち合わせの時も恐ろしいほどまとまっていませんでした。

そんな状態でよくぞ依頼してくださいました、ということに
まずは感謝です。

そして、語りをするわけではないお母さんたちが対象で
どうまとめたらいいのか、最後までまとまらなかったのですが
お母さんとして先輩であり、
語り手としてもお母さんという方にお尋ねしたところ
とてもいい答えをくださいました。
おかげで、うまくまとまりましたし、
私自身、その答えをいただいたとき、目から鱗が落ちる気がしました。

この講座に先立ち、先日模擬講座を開かせていただくこともできました。

いろんな方に助けられて、この講座を開き、まとまあげることができました。

私自身もとても大きな成長をさせていただきました。

本当に感謝感謝です。


私ひとりの力ではないことが多く、
子どもは社会の宝なので、
よりよい子育ての手助けができるようにという神様の思し召しなのかも…
とさえ思えてきてしまいます。(これはひとりごと)

今後も必要とされる方々のところに伺いたいものです。

それと絵本講座の必要も強く感じましたので、
こちらも併せて展開していきたいものです。


講座の中で語ったおはなし
*「ひなどりとネコ」(ミャンマーの昔話)
*「味噌買橋」(日本の昔話)
*「みちびき地蔵」(宮城県気仙沼市大島の民話)
*「美女と野獣」(ヨーロッパの昔話)



posted by ゆり at 00:00| Comment(0) | 講師(講演) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。