2014年05月02日

ボランティアを卒業します

勉強会&実習も今日が最後です。

来週、図書館のおはなし会で語る予定の

*「ネコの家に行った女の子」 
    『子どもに語るイタリアの昔話』(こぐま社)

を語りました。

昔話を語るのも来週が最後です。
家で娘には語るでつもりですが。


「語る人になるんだ」と思ってから10年余り。

聞き手5年
語り手5年
合わせて10年。

語りはほぼボランティアでやってきましたが
ボランティアからは卒業することにしました。


語りは元々「仕事としてしたい」と思って始めました。

落語家や講談師などは子弟制度もありますし
語る場もあって、前座、二つ目、真打と上がっていきます。

「語り手(ストーリーテラー)」はプロでやっている人も
ボランティアもやってます。
(昔話を語る人は、ね。舞台系は別、というかよく分かりません)

ですから私も「ボランティアで現場経験を積む」ということで
ボランティアは「仕事の実習の場」として取り組んできました。
転勤するたびに所属するところは変わりましたが
いつもいつも温かく迎えられ、どこも居心地のいい場所でした。

去年の夏までいた東京では
ボランティアで語り、(ほんの少しですが)プロとしても
語ることができました。

5年、10年の節目を迎え
「そろそろレベルアップを」と考えていましたが
『古事記』から「日本の神話」を語ることに転向すること
プロとして語ること
ということでやっていこうと決心した次第です。


広島ストーリーテリングの会は
ほんの少しのお付き合いでしたが
最後はいろんな方から声をかけていただき
本当に嬉しかったです。
(「仕事が忙しくなってきたのでやめます」
としか言ってないのですが、これもまた事実)


これからもいろんなところへ夫の転勤について行くつもりですが
「語り」でいろんな方とつながっていられる、と思えるのです。


「神話の語り」が始められるまでは
まだしばらく時間がかかりそうですが
「朗読」の講座講師を引き継いだことや
コミュニティFMで朗読することになると思うので
しばらくご無沙汰だった?朗読にも力を注ぐことになりそうです。
posted by ゆり at 00:00| Comment(0) | おはなし会&昔話&語り&朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。