2015年01月07日

市民病院へ

12月中、娘がきちんと登校したのは2日だけ。
残りは遅刻かお休みでした。

朝寝起きの気持ち悪さもあるんでしょうが
「学校行かなくてもいいんじゃないの〜」
という気持ちも加わったようです。
体調の悪さは仕方ないにしろ、こういう気持ちが出てくると
親としてどう対応するのがいいのか難しいところです。

そもそも「学校に行く」というのは当たり前だと思っていましたが
「学校、行かなくてもいいんじゃない?」と娘に言われ
「これから社会に出て生きていくうえで必要なことを学びに行くんだよ」
等と言ったみたところで、理解しているんだかどうか・・・?

12月は冬休みに入る前の1週間は
2時間目登校で安定していました。

かかりつけの小児科で
「心配なら大きい病院を紹介しますよ」
と言っていただいていたので
冬休みが明ける前に行ってきました。

結論から言えば
「起立性調節障害」と診断されました。
ずっと疑っていましたが「やっぱり」という感じです。

これは病気ではなく、そういう症状?だそうです。
自律神経が思春期に乱れやすく
成長に伴う体の変化の一つで
季節、発表会などの行事、新進の緊張、受験、ストレス等も
関係あるそうです。

血圧と脈拍を計るテストで
「脈拍」の結果で見えるようです。
こんな簡単なテストで分かるなら
2年前に行った病院でもやってもらいたかったー。
(起立性調節障害は年齢的に早すぎると言われました)

「脈拍を意識して変えることはできませんが
どうしても辛ければ薬を使うこともできます」
様子見でもいいと言われたので、
ひとまずは薬は使わずに、様子見することにしました。

生活についても聞かれましたが
朝食(食べる)や晩御飯の時間、布団に入る時間等
生活について改める部分は「ない」とのことでした。

「無理せず(朝は)スロースタートを」とのことでした。

私自身も、朝すぐに起きられません。
無理に起きると、一日ずっと体が寝ているような状態
ということもありました。(今は気を付けているのでないです)
朝は起きる予定の10分前に目覚ましをかけて
10〜15分くらいかけて
ゆっくり体と頭を起こしていきます。
仕事しているときは30分くらいかけて起こしていたような気がします。

「お母さんもそうなら、お分かりでしょう」とのことでした。

朝、上手に起きられるように
娘を訓練?してみようと思います。


それと・・・
「学校に行く気がない」問題。

「モノで釣る」ということは今までせずにきたのですが・・・

「春休みまで(3学期)無遅刻・無早退・無欠席なら3DS買ってあげる」

もう2年以上「DSが欲しい」と言われ続け
「いりません。だめです。サンタさんにお断りしておきます」
と言い続けてきました。

5日付けの中国新聞の夕刊「不登校」がテーマの欄に
「(いじめ等があるわけでないのに)何となく行きたくないで
不登校になることは多い。目標を持たせましょう」とありました。

私も1年の目標は毎年立てているので
「はるちんも立てなさい」と立てさせ
お互い見せ合いました。
でも、これで学校に行く動機付けにはならない・・・
動機付けになるような目標を立てさせる力は
私にはありません。

なので「学校にちゃんと通えたら3DS」ということにしました。
「無理だよ〜」と言っていた娘は今日から学校。
「気持ち悪い」と起きてきましたが
「3DS、3DS」と言いながら学校に行きました・・・
「3DSのために学校に行くんじゃないのよ!」という言葉は
届いているんだか・・・

元気よく帰宅した娘は
「明日はみんなと(学校に)行くんだー」とのことでした。
「風邪ひくなよ」と同じクラスの男の子に言われたようで
お友だちとのやりとりも楽しかったようです。
(いつもは報告してくれないんですが)

さてさてどうなることやら・・・?

3DSは買いたくないけど
楽しく元気に学校に行ってほしい
というのが本音です。


今頃になって、引っ越し&転校の反動なのかな?
と思える発言もあるんですが、これはどうなんでしょう?
1年以上前の転校は
はた目にはすんなり学校に溶け込めたようでしたが
娘なりにがんばってるなと思っていました。
そのがんばりが体調の悪さでぷつりと切れたのかも・・・
と思ったりもします。
posted by ゆり at 23:52| Comment(0) | 娘・夫・家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

初詣

20150106_081512.jpg

初詣は毎年「豊川稲荷」(愛知県豊川市)
お正月三が日はお巡りさんたちが交通整理をしてくれているので
お参りしやすいです^^

20150106_081555.jpg

並ぶこと20分でお参りできました!
でも今年はお稲荷さんの方に長いお参りの列ができていて
お稲荷さんのお参りはあきらめました。こんなこと初めてかも。

娘が生まれてから買うようになった飴細工。
(それまでは見るだけで満足してたんですが)
娘に何度か買ってやったら
娘は、当然買うものと思い込んでいる(笑)

20150106_081623.jpg

今年はリスを作ってもらいました。


実家に戻り、一足早く娘の誕生日パーティーを開いてもらいました。
もうすぐ10歳になります。

20150106_082143.jpg

実家では、父が亡くなってから
母と祖母の二人暮らし。
嫁姑の仲を取り持ってくれているのは
こちらのはなちゃん。

20150106_081729.jpg

はなちゃん、今年も実家のことは任せたよ〜
posted by ゆり at 00:00| Comment(0) | 娘・夫・家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

あけましておめでとうございます

謹賀新年2015
                          (万両)

今年もどうぞよろしくお願い致します

今年は怒らないと決めたはずなのに
新年早々 娘を・・・(以下略。新年早々反省中)

今年こそ、怒らない母になるのだ!

仕事上では「日本神話語り」で
お金を頂けるように活動するのが目標です
posted by ゆり at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

今年もお世話になりました

今年は 私としては大きなことができ
忙しい年でしたが とても充実した年でした。

一匹狼タイプの私が
仲間と共に作り上げることができたということも
私にとってはとても大きな成長だと思います。
「仲間と協力して成し遂げる」というのは
(娘の)前の小学校のPTA活動の中で培われたものです。

朗読については
福岡でお世話になっていた河面先生と何度か連絡を取りました。
河面先生との出会いなしには、私の朗読はなかったし
「梗(やまにれ)」の皆さんとの経験がとても役に立ちました。

「児童文学フェスティバル(児童書の朗読会)」では
意見を戦わせることができる仲間たちや
協力を惜しまない方々に恵まれたことが
一番だったと思います。

来年はどんな年になるんだろう・・・

もう2月末が締め切りや試験で
すでにいっぱいいっぱい。
3月辺りまで(からも?)方向性は決まっています。
目先のことをひとつひとつこなしていくしかない状況(笑)

今年終わらなかった「大掃除」から新年が始まるという
波乱の幕開けですが(^O^)
来年もどうぞよろしくお願い致します<(_ _)>
posted by ゆり at 17:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

ご来場いただきありがとうございました

児童文学フェスティバル(児童書の朗読会)無事閉幕しました!

平日の午後にも関わらず
100名を超えるお客さんが来てくださいました
満足してくださった方が多くいらしたようで
よかったですぴかぴか(新しい)

「満席になるくらい来るかも」と
区民センターの担当のOさんは
こんなものまで作成してくださっていました
掲げられればよかったのですが・・・

20141228_013621.jpg

「平日の午後にも関わらず100名を超えるお客さんが来るっていうのはすごいです」
とOさんに言ってもらえたのと
「満席になる可能性がある」と見込んでもらえたのは嬉しい限り・・・

実はメンバーの知り合いはあまり来てなくて
「どうやって知ったんだろう?」というお客さんが多数でした。
このイベントを目当てに来てくださったというのは嬉しいですね。

娘の習い事のお友だちが江田島から来てくれました!
「ついでがあったし興味があって」と言ってくださいましたが
江田島と広島港は船だけで30分だから
遠い道のりを来てもらえて嬉しかったです

プログラムは
新実南吉「手ぶくろを買いに」
J・ベルヌ『二年間の休暇』(『十五少年漂流記』)
スクリーンにオリジナル音楽付という
贅沢な朗読でした。

合間に「児童書クイズ」もしました。
今年大ヒットの「アナ雪」もありましたよ〜


通しリハは3回ほどやったものの一度として通せず・・・
本番前のリハでも変更点がいくつかありました。
「階段を右から降りる」「左から降りる」
「この後、これをこっちにはける」

照明やマイク等も自分たちで考えたりして
ただ「出演して読む」以上にしなくてはならないことが
たくさんありましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

本番は大きな失敗もなく
スムーズだったし 尺通りだったし
半年間の成果が一番いい形で出せたように思います。
終了度メンバーみんなで自画自賛しました(笑)

西区民文化センターの担当のOさんにはとてもとてもお世話になりました

昨日もスタジオで全く通せなかった(笑)「通しリハ」
しかも2回目のスタジオ打ち合わせ、1回で終わらなかったあせあせ(飛び散る汗)
朗読メンバーはOさんに慣れてきたこともあり
みんなで「あれやこれや」言うので
Oさんは自分より年上の女性たちに
色々言われて大変だったと思います(笑)
Oさんなしにはこんな素敵な舞台はできませんでした
感謝感謝です
ありがとうございました<(_ _)>


今朝目覚めて、今日のことを思った時
「今日でメンバーともお別れなんだ」
と思うと 寂しさがこみあげてきました。

約半年間、このイベントのために集まった仲間で
言いたいことを言い合い、共に作り上げてきた仲間。
特に朗読メンバーとは2週間に一度
11月終わりごろからはほぼ毎週会っていました。
いっぱい迷走したし、衣装は前日まで悩みました。

そんなメンバーとも今日で終わりなんだ〜と。

突然お願いした「照明」や「スクリーン操作」のスタッフの方も
快く協力していただき、とてもうまくやってくださいました。
受付もとても急だったにも関わらず有り難かったです。

さらに裏方さんでは
「児童書クイズ」の問題を作ってくれた方たちや
朗読者の似顔絵を描いてくださった方もいて
本当にたくさんの方に協力してもらって
作り上げることができました!

本当にいい出会いでした
出会えたことに 共に作り上げることができたことに
そして成功させることができたことに感謝です

そして何よりご来場いただきました大勢の皆様
ありがとうございました黒ハート
posted by ゆり at 00:00| Comment(2) | 児童文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

Merry Christmas!

20150106_081358.jpg
posted by ゆり at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

広島エフエム

20141223_152039.jpg

広島エフエムに行ってきました!
26日の「児童文学フェスティバル」の宣伝です

朗読会を一緒に作り上げていて
今回この出演を取り持ってくれた
広島エフエムのパーソナリティ藤井香苗さんと一緒に出ました。

番組DJの山本三季雄さんはベテランさんでとってもいい方でした黒ハート

「あれも言えばよかったかなあ」と後で思ったこともあるのですが
思いのたけは伝えられたのでよかったです

・・・それにしても顔がぷくぷくだなあ。
posted by ゆり at 15:22| Comment(0) | イベントのご案内&お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。